売却予定の物件が過去に雨漏りしていた場合

 

このページでは、雨漏りやシロアリなど、過去に問題のあった不動産売却をする際にどこに気をつけるべきなのかを解説しています。

 

修繕対応も含めて、過去と現在がどういう状態なのかを明確に伝えることが重要です。


不動産売却で売り手側が注意しなければならないこととして重要なのが、「過去の問題事例」です。

 

代表的なのが

 

  • 雨漏りしていた(またはしている)
  • シロアリが出ていた(または出ている)
  • 土地境界が曖昧なままになっている

 

などが挙げられます。

 

よくある事例として、これら諸問題を抱えていたとしても、売主さんからの希望で「その辺はうまくやって欲しい」と言われることがあります。

 

結論から言うと、うまくやり過ごすことは出来ません。
もしそういった事例があったとして、あとでそれらが発覚した場合、とても大きな問題となります。売買契約時には「告知義務」というものがあり、仮に偽りの情報を伝えていた場合、裁判で訴えられるケースだってあり得ます。

 

 

営業マンの話す内容にも注意!

管理人

売り手側が問題事項を隠ぺいするのは、後々のリスクまで考えた時に本当に辞めておいたほうが良いことですが、実は不動産会社の中でもこういった情報を隠そうとするところもあります。

 

会社としては禁止されているにも関わらず、営業成績を上げたいがために、営業マンが「そのくらいなら大丈夫ですよ〜既に修繕済みですし」という軽いノリで伝えてくる場合もあるのです。

 

もしこんなことを言われた場合、

  • 本当に大丈夫なのか
  • 絶対に法的に触れていないのか
  • 上司に確認するけど大丈夫か

などを伝えてみるとよいでしょう。

 

 

過去の問題事項とともに現状どうなっているのかを伝える

修理業者

過去には雨漏りしていたけど、現在では修繕をして全く問題になっていない状態であれば、そのことをしっかりと伝えましょう。

 

シロアリも同様で、過去に発生はしたけど、現在は駆除業者を入れて全く出なくなっている、など。

 

土地の境界が曖昧になっている場合は、その旨契約している不動産会社に伝えて、対応してもらえるかどうかを確認するのが良いでしょう。

 

 

まとめ

いくら過去に問題があったとしても、現在ではこういう対策を行ったことで完全に問題は解消されています、ということを伝えれば、逆に買い手にも好印象に捉えられることがあります。要するに、買い手側の立場に立って考えた時に、自分ならどう思うかという視点も大切だということですね。

 

自らの身を守るためにも、嘘偽り無い売買を心がけるのが大切です。

 

 

雨漏りやシロアリなど問題箇所に対する報告の重要性もさることながら、売却前のメンテや掃除も実はとても大切です。

 

次のページでは、「売却前の掃除やメンテナンス」についてまとめていますので見てみましょう。

 

どうせ売るんだからと掃除やメンテナンスをしないのはNG


このエントリーをはてなブックマークに追加