地域や物件の特性にあった業者に依頼を

 

このページでは、自分が売りたい物件の特性について信頼に足る業者ないし担当者なのかどうかをチェックする方法について解説しています。

 

具体的なチェック項目についてもまとめていますので参考にしてみてくださいね。


マンション売却を依頼する場合、第一条件としてはその業者が信頼できるかどうかという点が大切ですが、実際に契約して滞り無く売却を完了してくれない限りなかなかはじめから信頼できるかどうかは分からないものです。

 

知り合いや友人、その筋の信用出来る人から紹介してもらうことが出来れば信頼感は上がりますが、不動産取引は大きな金額を動かすことになりますので、それも実際にやってみないと分からないのも事実です。

 

仲介業者との話し合い

信頼できる仲介業者かどうかを見極めるためには、まず自分が売りたい物件の特性と地域に力を入れているかどうかです。

 

マンション売却ならマンションを特に取り扱っているかどうか、戸建てなのか、土地なのか、事業用物件なのかなどなど・・・

 

ここではその会社と担当者が該当する物件に詳しいのか得意なのかどうかをある程度見極めるための質問事項についてチェックできるようにまとめています。

 

 

業者ないし営業マンに確認するためのチェック事項

税金面

自分が売りたいマンションについて、実際に売却したあとに掛かる税金はどれくらいになるのかを質問してみましょう。マンション売却をこれまで何度も行っていれば、その場でスグに返答を貰えるはずです。「後で確認します」などの返答ではちょっと心もとないですね。

法律関係

マンション売却後のトラブル事例や事前のリスクヘッジなど、これまでの経験を踏まえた具体的な内容を元に、また考えられ得る事例と対策について聞いてみましょう。またその後のサポートについてもどのように行ってくれるのかも重要です。

経験値

ここが一番モノを言うと言っても過言ではありません。経験値と言ってもその年数ではなくこなしてきた契約回数が大切。自分が売りたい属性、マンションであればマンション売却契約をどれくらい経験してきたのかについて聞いてみましょう。

営業方法

実際にどのような宣伝活動を行ってくれるのか、これまで売却に成功した事例などを元に具体的な方法について確認してみましょう。

得意エリア

例え業界の大手であっても、その地域を得意とした営業マンでなければ売却を成功に導くことは難しいと言えます。その地域性を十分に掴んだ担当営業マンなのかどうか、具体的な内容を元に確認してみましょう。

 

 

まとめ

仲介業者の選び方もさることながら、実際に自分についてくれる担当者がマンション売却に得意なのかどうかを確認することが大切です。業者選定のあとには必ずチェックしておくことをおすすめします。

 

 

マンション売却のはじめの一歩である仲介業者の選定は、どの会社に査定をしてもらうか?から始まります。

 

地域ごとの会社を一括で複数依頼できるオンライン査定を使うのが手間なく簡単でオススメです。

 

マンションを高く売る方法


このエントリーをはてなブックマークに追加