マンション売却契約をするならどの方法が良いか?

 

このページでは、マンションを売却する際に不動産会社と契約はどのようにしたら良いのか、またおすすめの契約方法について詳しく解説しています。

 

特に初めてマンション売却をする方はぜひ参考にしてみてくださいね。


不動産全般を売却する時には、必ず仲介となる不動産会社、または宅地建物取引主任者(宅建)の資格を保有する人との契約が必要になります。これを業界用語で「媒介契約」と言います。

 

簡単に言うと、売りたい不動産に対して委任するということです。

 

この媒介契約方法には大きく分けて2つ、細かく分けると3つの方法があります。

 

不動産媒介契約方法

@一般媒介契約
複数の不動産会社に対して媒介契約をする方法。不動産会社からの営業活動報告義務が無いのが特徴。

 

A専属専任媒介契約
1社専属で契約をする方法。どんなケースでも必ず契約した不動産会社を通す必要あり。営業活動報告は1週間に一回。

 

B専任媒介契約
1社のみの契約方法。専属専任との違いは、知り合いや友人への売却の場合は仲介会社を通す必要がないところと、営業活動報告が2週間に一回というところ。

 

これらについてそれぞれの特徴をさらに詳しくまとめてみます。

@一般媒介契約

複数の不動産会社と契約できるので、一見売り手にとっては有利に見える一般媒介契約ですが、売却をする側、つまり仲介している不動産会社から見ると、「どこの会社に持っていかれるか分からない」というデメリットが存在します。

 

どこの会社に持っていかれるか分からないとなれば、必然的に積極的な営業活動はしなくなります。つまり、チラシや広告スペースなど、販売促進のための取扱いが非常に限定的となってくるわけです。

 

掛けたお金(経費)が回収できない可能性があるところにコストは掛けられないためですね。つまり高く売却できる可能性が低くなるといったデメリットの側面が大きくなることが挙げられます。

 

A専属専任媒介契約

一般媒介契約と異なり、契約する仲介不動産会社は1社限定となります。さらに、自分の知り合いや友人などに売却しようとしても必ず契約した会社を通す義務があります。

 

しかし、契約をした不動産会社は売却すれば必ず自社の利益に繋がるため、その分営業活動にかなり力を入れることになりますので、高値で売却できる可能性は拡がります。

 

B専任媒介契約

専属専任と同等、1社と完全限定契約となり、自社利益確保のためには思い切った広告を打てますし、また積極的にアドバイスもくれたりします。両手仲介(買主も売主もその不動産会社を通して契約すること)になれば、手数料収益は2倍になりますので、不動産会社にとっては利益を上げるために相当必死にならざるを得ない契約方法です。

 

では一体おすすめの契約方法はどれか?

上記で媒介契約方法をまとめてみましたが、特に不動産売却が初めての場合は正直なところ「よく分からない」「結局どれがいいの?」となるのが普通でしょう。

 

ここでは3つの媒介契約についてそれぞれの特徴を図で表してみます。

 

自己発見取引

他業者への依頼

レインズ登録

契約期間(MAX)

@一般媒介

3ヶ月

A専属専任

×

×

3ヶ月

B専任

×

3ヶ月

不動産会社から説明を受ける夫婦

こう見るとなんとなく一般媒介契約が良さそうに見えますが、致命的なのが「レインズに登録されない場合がある」ということです。

 

オンラインで全ての不動産会社と繋がった物件情報に登録されなければ、それだけ売れる確率も格段に下がってきます。

 

また、先に書いたように、不動産会社自体が営業活動に力を入れてくれにくいというデメリットも拭えません。

 

以上から考えて、専任媒介契約がもっともおすすめの契約方法と言えます。
(中には専任媒介契約以外はしてくれない不動産会社もあります。)

 

まとめ

マンションを売却する際にはさまざまな注意点が他にもたくさんあります。ただ、売却自体を成功させるためのもっとも大きな要因が仲介不動産会社選び。ここを間違えると、希望する売却条件とは大きくかけ離れる可能性を高めます。

 

 

次のページでは、不動産会社を選ぶ際の注意点として、どのようにしたら良い不動産会社が見分けられるのかについて詳しくまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

 

仲介不動産会社の簡単な見極め方と質問事項


このエントリーをはてなブックマークに追加