モデルルームが必要なワケ

 

このページでは、モデルルームがもたらす購買意欲への効果について解説しています。

 

モデルルームが設置出来ない中古マンション売却時でも、この効果を知っておけば自ずとやっておくべきことが分かりますヨ。


新築マンションの場合、規模にもよりますがモデルルームが設置されているのを見かけることが多くあります。このモデルルーム、もちろん買い手のイメージが膨らむため、あるに越したことはありませんし、一般の人でもその理由はよく分かります。

 

けれどもこのモデルルーム、実は数千万円掛けて作られていたりします。

 

これだけ多額のコストを掛けて作るにはやはりそれなりの理由があります。

 

 

コストが掛かっているのは「内装」

モデルルームの内装

 

モデルルームの側の部分、つまり構造だけで言えばそれほど大した金額は掛かっていません。行っても500万円は掛かっていないくらいです。

 

けれども先述のように数千万円掛けているのは、実は内装です。内装だけで実に戸建ての家が買えるくらいのコストを掛けて作成しているのです。大体相場で言うと2000万円くらいです。建物自体はプレハブなのに。

 

モデルルームにこれだけ多額のお金を掛けるのには、それだけ費用対効果が見込めるためです。

 

 

内装がなければ買い手はイメージできない

モデルルームの内装

 

モデルルームの必要性は誰でも分かるところではありますが、ただ構造体を作ってそのまま内覧を掛けてもマンションは売れません。多額のお金を掛けてでも、内装物を設置して「こんなところで生活できるんだ」というイメージがあるからこそ人はその物件を買いたくなるのです。

 

平均2000万円も掛けてモデルルームの内装を豪華に設置するからこそ、買い手はますますそのマンションに住みたくなって、購買意欲が掻き立てられるわけです。

 

もしそんなにお金を掛けなくても売れるのであれば、その分の値段を売却価格に転化させて売ったほうが安くなるので売れる確率も上がるはず。でもあえてそうしていないのは、そのほうが確実に売れることが分かっているためです。

 

 

中古マンション売却でもキレイにしていくことが大切

マンション購入は金額だけではありません。多少高くても、「こんなところに住めたら嬉しい!」という感情が必ず伴うものです。

 

これは中古マンション売却でも同様のことが言えます。せっかく売り出しても「家の中を見られるのは恥ずかしいから」という理由で内覧を断る売主さんがいらっしゃいますが、これでは売れるものも売れない場合があります。

 

また内覧OKにしていたとしても、部屋の中が汚れまくっていたり散らかし放題であれば、買う気も失せるもの。

 

売るからには買い手に対して良いイメージを持ってもらうことも重要になることを覚えておきましょう。

 

 

まとめ

中古マンション売却でモデルルームを設置することは難しいですが、室内を清潔に、キレイにしておくことは誰にでもできます。恥ずかしがったり面倒臭がったりしているようでは、高く売れる可能性だけでなく、売れない可能性すら十分に出てきます。

 

どうせ売るなら少しでも高く買ってもらうための努力はしておくべきですね。

 

 

高く売る方法の一つとして「仲介手数料の値引き」も有効な手段です。次のページではその値引き交渉についての具体的な方法をまとめていますので参考にしてみてくださいね!

 

仲介手数料の値引き交渉をしてみよう


 

このエントリーをはてなブックマークに追加