営業活動が制限されれば高値売却は難しい

 

このページでは、内緒でマンション売却をしたい場合の注意点とリスクについて説明してます。

 

絶対的なリスクは「売却価格が下がること」。それを踏まえた上で「不動産買取」も視野に入れると売却を秘密にしながら進めることが可能です。


長引く不景気の煽りか、諸事情によりマンション売却を内緒で行いたいという人は意外と多くいます。

 

「近所の人に知られずに売却したい」

 

「広告掲載無しで売却は可能ですか?」

 

借金を抱える

というように、秘密にしつつもなんとかして売りたいというものです。

 

しかし、結論から言えば、クローズドにしながらの売却活動を進めても、高く売れる可能性は大幅に小さくなることを認識しておく必要があります。

 

 

買い手となる可能性がもっとも高いのは「ご近所さん」

レインズで売却相場は見ることが可能でも説明していますが、不動産売却のために仲介業者と媒介契約をした場合、必ずレインズに掲載する必要があります。

 

レインズは不動産会社のみ閲覧可能な全国のネットワークシステムなので、おおやけに買主候補の方に見られることは少なくなります(それでも他社不動産会社が見込み客に見せる可能性は十分にあります)。

 

レインズに掲載したからといってスムーズに売却が進むかといえばそんなことはなく、

  • 店頭に大々的に「売り物件」として貼りだされている
  • 店内に「おすすめ物件」と表示されている
  • 誰もが見れるウェブサイトで掲載されている
  • チラシで目にする

などの広告活動がもっとも販売促進のための活性剤になります。

 

つまり、該当地域周辺の人などが、たまたまふらっと見たら興味ある物件だったために話を聞きたい、という可能性がとても高くなりますし、またそうやって売れていく物件が非常に多いのです。

 

もしくは、近所の友人から聞いたので見てみたい、といった口コミなども多いですね。

 

 

内緒で売り出すのはカンタン、だけど高くは売れない

困っている人

上記のように、販売促進のための宣伝広告活動を行わないことにより、売却物件が目に触れる確率は当然下がるので、買い手候補の数も必然的に下がってきます。

 

 

買い手候補数が下がっていくということは、高く売れる機会を逃していることにも繋がります。それを理解した上で、内緒で売却するという認識が必要になるわけです。

 

ただし、下記のような方法もあります。

 

 

「不動産買取」という選択肢も

おおやけの目に触れること無く、それでも売却を急いで行いたい場合には、不動産売却ではなく、「不動産買い取り」という方法もあります。

 

これは、従来の売却と比べて何が違うかというと、要するに業者はスグに買い取りしてくれるけれどもその買取価格は安くなる、というもの。大体相場としては売却価格の70%ほどになるのが一般的です。

 

ただし、買い取りには下記のようなメリットもあります。

  • ご近所さんには完全内緒で売却可能
  • スグに買い取りしてくれるので、即金で欲しい人には向いている
  • リフォームも全て業者がやってくれるので手間がない

喜んでいる人

さらに上記に加えて、瑕疵担保責任が無い(※売却後のトラブルに関して売主が一切の責任を負う必要が無い)とか、中には仲介手数料もゼロになるところもあります。

 

緊急性を要しつつ、出来るだけ人に知られずマンション売却を進めたい場合は、買い取りもありきで考えてみても良いでしょう。

 

 

まとめ

人に知られず秘密にしながらのマンション売却には、「売却価格が下がる可能性大」というのが最大のリスクです。また、「売れない」ということもあるかもしれません。それを理解した上でそれでも内緒で売りたい場合は買い取りも視野に知れて進めていくとよいでしょう。

 

 

人に知られず売却を進めたい場合でも、やはり仲介業者には積極的に相談していくことからスタートしますので、多くの不動産会社を回っていく必要があります。

 

大手から中小の仲介業者から査定見積りが取り寄せられるオンライン一括査定が便利で早いのでオススメです。

 

マンションを高く売るためには


このエントリーをはてなブックマークに追加