大手だから安心できるのか?

 

このページでは、マンション売買契約をする時に、大手不動産会社なら本当に安心なのかどうかについて詳しく解説しています。

 

大手と契約したことで考えられる意外なリスクについてもまとめていますので参考にしてみてくださいね。


マンションを売却する際に、多くの人は「大手不動産なら安心」と考えるようですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

これは裏を返すと、中小の不動産会社では安心できない、とまでは言わないにしても、やっぱり人生の中でもっとも大きな金額の売買になるマンションだからこそ、より大きい不動産会社に任せて安心したい、という心理が働いていそうですね。

 

ただし、結論から言えば、大手=安心という図式は必ずしも成り立ちません。更に言うと、大手と契約したばっかりに、希望の売却金額に至らなかった、または相場よりも高く売れなかったケースはよくあるのです。

 

大手だからといって安心してしまう理由

聞いたことのある名前の不動産会社だから
テレビCMをやってる不動産会社だから
高額取引ならやっぱり大手に任せるべき

 

大体このような理由で大手を選ぼうとしているのが大半ではないでしょうか?

 

まず前提条件として、不動産会社の収益は全て「仲介手数料」で成り立っています。

 

仲介手数料の計算方法

マンション売却価格

仲介手数料(税抜き)

売買価格(税込)が200万円以下 売買価格×5%
売買価格(税込)が400万円以下 売買価格×4%(+2万円)
売買価格(税込)が400万円を超える 売買価格×3%(+6万円)

 

赤字で示した部分がほとんどのマンション売却で適用される金額になってきます。もしあなたが売主の場合の仲介手数料は、「売却価格×3%+6万円」となりますので、3000万円の物件であれば906万円を不動産会社に支払うことになりますね。

 

ただし、契約した不動産会社が買い手である顧客を直接連れてきた場合、この仲介手数料は買い手からも入ることになります。つまり、不動産会社の収益は906万円×2=1812万円となり、一気に収益が2倍になります

 

つまり、収益を上げることが不動産会社のもっとも重要なミッションですから、不動産会社はできれば「買い手も売り手も自社から直接契約にしたい」のが狙いとなるわけです。

 

 

ここで大手の収益率を見てみましょう。
大手不動産会社の収益率グラフ

 

商談

注目すべきは「平均手数料収益」。

ここを見れば明らかですが、全社が3%以上、つまり、買い手からも売り手からも双方から手数料を徴収していることが分かります。

 

5%台の手数料率になっているところは、「買い手、売り手両方とも自社契約をして売買を成立させているケースがとても多い」いうことです。

 

この双方から収益を取る方法を「両手仲介」と言います。なにも両手仲介がダメというわけではありませんが、自社のみで契約をさせることを目的にしている不動産会社を仲介に通すと、せっかくの優良な買い手をみすみす逃す機会が大幅に増えます。

 

 

大手仲介不動産会社の最悪な例

両手仲介=不動産会社が大幅に儲かる、という流れの中で起こる最悪な例としては、仮にレインズに登録してある売却物件に対して、他の不動産会社から買い手がいるという連絡が入ったとしても、「もうその物件は売れてしまいました」と嘘の情報を流すケースがあります。

@依頼した仲介会社に他社から買い手の連絡が入る
↓
A実際にはまだ売却されていないのに「もう売れました」と偽りの情報を流す
↓
B結果、売主は優良顧客を逃す機会が大幅に増える

大手に仲介を依頼して安心感を得ようとしたのに本末転倒ですね。

 

 

大手だからといって顧客が多い訳ではない

大手だから抱えている顧客が多そう、と思いがちですが、実は全くそんなことはありません。よくよく考えてみれば分かりますが、不動産を一生のうちに何度も売り買いする人なんてほんの一握りです。ほとんどの人は一度も売却をする経験なく一生が終わるでしょう。

 

もちろん投資家なども含めて買い手はいます。
でも一番の見込み客は「そのマンションに住みたい人」

 

であれば、駅前の中小零細不動産会社や地元密着型で長く運営している会社のほうがよほど優良顧客が来る可能性が高いと言えますし、事実大手よりも中小の不動産会社のほうが顧客を多く抱えている場合も少なくありません。

 

大手だからといって盲目に信用することほど、機会損失をしている可能性が高いことを知っておきましょう。

 

 

まとめ:大手に限定せず複数社にコンタクトをとる

ここで理解しておくべきは「大手だからダメ」「中小だから良い」ということではなく、実際に契約する不動産会社が幅広く宣伝活動をしてくれた上で、物件売却に対して真剣に取り組んでくれるのかどうかを見極めることが重要、ということです。

 

そのためには、まず物件査定の段階で出来るだけ多くの不動産会社と接していくことが大切です。その中でいろいろな話を聞いた上で、1社と契約していくのが上手な不動産会社の選び方と言えますね。

 

 

マンション売却の最重要ポイントは「どの不動産会社と契約するか」に尽きます。

 

次のページでは、大手から中小の不動産会社まで手間を掛けずに査定を依頼する方法について詳しく解説しています。

 

マンション売却査定を成功させるコツ


このエントリーをはてなブックマークに追加