不動産売却業務とは売ることだけではない

 

このページでは、不動産売却で考えておかなければならないリスクヘッジの捉え方について解説しています。

 

売却初心者にとって大切なのは、信頼できる仲介業者を選んで契約することから始まります。


不動産を仲介する業者の仕事は当然ながら売却をすることがメインの仕事です。ただし、単純に売却だけしたら良いわけではありません。売却依頼があったら買主を探してその不動産を売る。これなら別にどの不動産仲介業者でもできることです。

 

もっとも重要なのは、リスクヘッジを考えた上で間違いのない、トラブルが少ない不動産売却を行うことです。

 

 

トラブルの原因はどこにあるのか素人では分からない

これまで何度も何度も不動産売却を行ってきた人であれば、発生しうるトラブルや問題がどこで起きやすいのか、どんな点に注意して進めていけばよいのかが分かってきますが、マンション含め、不動産を何度も売却するような人はそうは多くありません。

 

つまり、ほとんどの人は「どこに注意して不動産売却を進めていけばよいのかが分からない」と言えます。

 

不動産売却に関わる法律は多岐にわたります。建築基準法をはじめ、商法、登記法、民法が絡んでくるので、現時点で問題が無かったとしても、将来的にどんなトラブルが起こる可能性があるのかも踏まえた進め方をしていく必要があるわけです。

 

 

買主にとってのリスクは売主にとってのリスクでもある

営業マンに相談する夫婦

不動産という大きな金額が動く売買の性質上、もし問題を抱えたままで売却を進めれば、将来的に裁判を踏まえた損害賠償責任問題が発生する確率も当然ながら上がってきます。

 

買主が抱えるリスクは、そのまま売主にも関わってくるリスクとなってくるわけです。

 

ここでその役割が大きくなるのが不動産仲介業者。多数の売買をこれまで行ってきた経験や知識を使って、買主や売主のリスクヘッジを保ちながら、かつスムーズに進めていく手腕が問われてきますし、またそうでなければなりません。

 

不動産会社自身のリスクヘッジを行うこともさることながら、それ自体が買主、売主双方のリスクヘッジをしていることにも繋がるため、やはり経験豊富で信頼のおける不動産会社を選択することが重要になるわけですね。

 

 

まとめ

信頼の置ける不動産仲介業者を選ぶためには、近所の1社だけの不動産会社に依頼をするだけでは不十分である可能性がどうしても高くなります。ましてやそれが初めての売却活動であればなおさらです。

 

ここはひと手間かけてでも、できるだけ多くの仲介業者にあたっていくことが最初の段階では必要だと言えますね。

 

 

複数の不動産に対してオンラインを使ってまとめて査定を依頼できる一括査定がとても便利です。

 

大手から中小まで幅広くカバーされていますので、不動産売却時には積極的に活用したいサービスですね。

 

マンションを高く売るためには


このエントリーをはてなブックマークに追加