相場価格を参考程度にしておいたほうが良い理由

 

このページでは、マンション売却相場価格はあくまでも参考程度にしておくべき理由と、その売却設定期間に注目するべき理由について詳しく解説しています。

 

事前に知っておくことで、相場価格への捉え方が変わりますヨ。


売却相場価格の調べ方についてはレインズで売却相場は見ることが可能で詳しくまとめていますが、売却相場が分かったからといってそれがイコール売却価格にはなりません。

 

売却価格、つまり売れる金額は、最終的には買い手が決めるものです。不動産会社でもなければ売り手でもありません。もちろん最初に設定した金額で売れることもありますが、必ず値引き交渉が入ったり、売れずに値段を下げたりすることが常です。

 

また、相場価格、つまり今売り出し中の他の物件価格を鵜呑みにし過ぎるとかえって支障をきたす場合があります。

 

 

どれくらいの期間売り出されているのか?

売り出し中の物件価格を見る際にもっとも注意すべきは、「売却期間」です。この期間によって相場価格への捉え方は大きく変わります。

 

マンション

というのも、早い話、「良い物件はスグに売れます」

 

さらに言えば、
「売れるべき物件は市場に出回る前に売れてしまいます」

 

これは普通に考えれば分かることですが、各不動産会社には少なからず既存顧客がいます。希望する物件が出るのを待っている顧客や、投資案件として良い物件があれば、出た瞬間にスグに買い付けされるということです。

 

つまり、長い期間売りだされている物件価格は、相場価格として成り立っていないということです。

 

言い換えると、その値段では高すぎる可能性が大という捉え方ができるわけです。

 

 

価格設定は不動産会社と慎重に決める

この「売却期間の長さ」はなにも不動産に限らず、どの業界、商品にも当てはまること。長く売れ残っているような物件はそれだけ市場では価値が低い、または価格が見合っていないある可能性が高いわけです。

 

従いまして、これらの物件を売却相場価格として捉えて、自分の該当物件に対する価格設定と同基準で捉えるには、考えが早計になっているかもしれません。

 

売り出す価格については、このことを理解した上で媒介契約をした不動産会社と慎重に決定していくことが大切です。

 

 

まとめ

売却価格を決める際に相場価格を参考にすることは構いません。ただし、参考とした物件の売り出し期間を不動産会社に必ず確認しましょう。物件一つひとつはそれぞれの価値と価格設定を行うことが重要です。

 

相場価格に流された価格設定ではなく、プロの目から見ても打倒といえる価格設定とその根拠となる要因について、売主側もしっかりと把握しておくことをおすすめします。

 

 

相場価格の相談も、売り出す価格についても仲介業者である不動産会社が関わります。出来るだけいい仲介業者と契約することがマンション売却成功ではとても大切。

 

査定の段階で多くの業者と直接接して、納得できる不動産会社と契約を結びましょう。

 

マンションを高く売るためには


このエントリーをはてなブックマークに追加